脳梗塞などの病を撃破する!~医療機関の最前線~

医者

定期的な検診で早期発見

病院

乳がん検診を定期的に受けることで、病気を早期発見することができます。国では40歳以上の女性を対象としていますが、それより若い年齢層でも乳がんが増えています。検診は、視触診と画像検査があります。年齢によって有効な検査方法が異なり、それぞれの長所、短所を知っておく必要があります。

View Detail

生きるための力

悩み

樹状細胞療法は、副作用がかなり少ないので患者さんへの負担を少なくした治療方法です。最近ではがんの治療現場で用いられることが多くなっていて、早期発見のがんにはとても効果が高いものとして重宝されているのです。

View Detail

特徴と注目理由

空

NK細胞療法の特徴は、ガン細胞の殺傷能力が高く、副作用もなく、抗原抗体反応もないことです。従来の治療方法や代替治療の短所を克服しています。これまでのどのような治療よりも一段高い治療方法と言っても過言ではありません。

View Detail

血管が詰まってしまうと

女性

血栓ができる原因

体内に張り巡らせている血管は体の各細胞に栄養や酸素を送っています。そのおかげで我々は生活を送ることができますし、体を動かしていろいろな行動をすることもできます。体の中で重要な役目を担っているこの血管は弾力性に富みスムーズに血液の流れを維持していかなければ、細胞に送られる酸素や栄養素が不足してしまい体も思うように動かせない状態になってきます。人間は加齢により血管内にコレステロールなどの脂質がたまってしまい、血管が弾力性をうしなってしまい血液がスムーズに流れなくなってくることがあります。血管の中では血液がスムーズに流れなくなることで血液がよどんで血液の塊である血栓ができやすくなってしまいます。体の機能を保つために常に血液の流れをスムーズにしておかなければなりません。

動脈硬化を起こさないこと

血管が弾力性を失った状態を動脈硬化と呼んでいます。この原因にはストレスや食生活が深くかかわっています。血管内で血栓ができやすくこの血栓が体中を巡って脳内の血管内で詰まってしまう症状を脳梗塞と呼んでいます。体の機能をつかさどる脳の血管で詰まってしまうのですから、血管が詰まってしまった細胞がつかさどっている体の機能はマヒしてしまいます。脳梗塞を起こしてしまうと体の機能が打失われるばかりでなく、広範囲で起こってしまうと命にも支障が出てくる病気です。一生寝たきりになってしまう人も多くいます。脳梗塞を防ぐためには動脈硬化を防ぎ血栓を血管内に作らないことが重要です。塩分の取りすぎや、喫煙、ストレスで動脈硬化は促進されていくからです。また脳梗塞にならないように、医療機関に定期的に検査をしに行くことで、予防にも繋がります。また早期発見も可能なので、生活習慣を変えながら、検診を忘れずに行なっていきましょう。